部活と食事制限によって体重を15キロ落とすことに成功しました。

中学1年生の女子です。昨年の夏ぐらいから、部活と食事制限によって体重を15キロ落とすことに成功しました。食事制限をするために、カロリー計算を毎日していましたら、拒食症になってしまいました。最初は、軽い気持ちで始めたのですが、拒食症になってしまったので正直驚いてしまいました 。顔は頬がみるみるこけてしまい、冷え性になったり、笑うとシワが増えたりして、いいことばかりではありませんでした。以前の自分ではないことも自覚していました。そんな時、友達と家族にたくさん食べて治そうねと励ましの言葉をもらい、冬ぐらいから3食食べるように心がけました。それでも、1日の合計の摂取カロリーは1200キロカロリーです。摂取量を増やすように努力しているのですが、体重があまり変わりません。焦っても仕方ないのは分かるのですが 。私の目標は体重を増やすという目標も、もちろんありますが、一番の目標は、以前の自分の自分に戻ってカロリーのことなどひとつも気にせず普通の生活に戻れることを目標としています。頭ではそう考えていますが、もう一人の自分がリバウンドしてしまうのではないかという思いもあったりします。話が長くなってしまいましたが、拒食症を克服した人は、どのようにして克服しましたでしょうか。そういった人は、今は普通の生活を送ることができていますでしょうか。体重の増減などの例も教えてください。どうぞよろしくお願いします 。

回答1

私自身が拒食症であったわけではないのですが、いとこと私の友達が拒食症でした。友達のことを書きます。その友達は、大学生の時に遠距離をしている彼氏から、太っていると言われた事が発端となりました。拒食症になってしまった時は、命に危険があるということで入院もしていました。見舞いに行くと、恐ろしいくらいに痩せて別人になっていました。どのように声をかけたかはもう覚えていません。入院している時は、ベッドに横になっているだけで、もちろん食事は看護師さんの監視付きで、面会もなかったようです。おそらく1年から2年は入院していたと思います。退院後はお会いする機会がなかったのですがたまたま偶然会いましたその時は中肉中背の体型に戻っていたのでとても安心したのを覚えています体重の変動のことですがそのうちきっと増えてくると思います周りの協力も重要になってくると思います。質問者様は焦るのはとてもよくわかりますが、もう少し心をゆったりと保ってみてはいかがでしょうか。いとこは、親よりも先に死んでしまいました。そういうことだけは絶対にしないでください。文章が長くなってしまいましたが、家族の方と上手に乗り越えて行って下さい。また、そうなることを心よりお祈りしています 。

回答2

ここでいろんな人の話を聞くのもいいと思いますが医師の指示を受けるのが一番正しいと思いますリバウンドが怖いと思うのであれば適度な運動をすればいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加